googleウェブサイト翻訳ツールの設定と確認

2014-07-30_161231

↑こういうヤツ。

 

googleウェブサイト翻訳ツールへアクセス

https://translate.google.com/manager/website/?hl=ja

ログインとサイトの登録が必要です。

サイトURLとか元の言語を設定し、表示言語や表示モードを選択。

↓こんな感じで設定

2014-07-30_163716

詳細設定の「ユーザーの言語がページの言語と異なる場合に~~~」はチェックを入れておくと
日本語以外でアクセスしたときに自動で↓のような翻訳バナーがページ上部に出る。

2014-07-30_163656

日本語のときはでないので、チェックしておくとユーザーが翻訳ツールを見つける手間が省けて親切。

 

コードをコピーして自分のサイトに貼り付ける。

「コードを取得」をクリックし、出てきたコードをコピーして自分のサイトにペースト。

これだけ。表示を確認するとこんな感じ↓

2014-07-30_164426

日本語にもチェックを入れたけど、今表示されている言語と一緒だと表示されない。

英語に翻訳した後は「日本語」も出てくる。↓

2014-07-30_164757

 

現地表示の確認

これで設定は完了!

でも、そもそも「英語」とか「スペイン語」とかって日本語で表示されちゃってるけど
海外の方が読めるの?意味なくない?

とか、クライアントが不安がっていたらちゃんとユーザーの使用言語に自動で切り替わるんですよ~って説明して確認画面まで見せてあげると完璧。

訪問者のブラウザのデフォルト言語で切り分けしてるっぽいので、ブラウザのデフォルトの言語設定を変更して表示を確認。
今回はFireFoxで。

ツール⇒オプション⇒コンテンツ⇒言語設定を開き、英語とか確認したい言語を上にもってくる。

2014-07-30_170030

「OK」で閉じて、ページを更新するとこんな感じでちゃんと英語に↓

2014-07-30_170257

「言語を選択」がちゃんと「Select Language」になって、選ぶ言語も英語表示になってます。
これで安心です。

 

自動翻訳のため、精度はやっぱりまだ微妙。
でもとりあえず多言語化したいって時には超簡単で便利なツールです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>