カテゴリー別アーカイブ: 便利ツール・サイト

googleウェブサイト翻訳ツールの設定と確認

2014-07-30_161231

↑こういうヤツ。

 

googleウェブサイト翻訳ツールへアクセス

https://translate.google.com/manager/website/?hl=ja

ログインとサイトの登録が必要です。

サイトURLとか元の言語を設定し、表示言語や表示モードを選択。

↓こんな感じで設定

2014-07-30_163716

詳細設定の「ユーザーの言語がページの言語と異なる場合に~~~」はチェックを入れておくと
日本語以外でアクセスしたときに自動で↓のような翻訳バナーがページ上部に出る。

2014-07-30_163656

日本語のときはでないので、チェックしておくとユーザーが翻訳ツールを見つける手間が省けて親切。

 

コードをコピーして自分のサイトに貼り付ける。

「コードを取得」をクリックし、出てきたコードをコピーして自分のサイトにペースト。

これだけ。表示を確認するとこんな感じ↓

2014-07-30_164426

日本語にもチェックを入れたけど、今表示されている言語と一緒だと表示されない。

英語に翻訳した後は「日本語」も出てくる。↓

2014-07-30_164757

 

現地表示の確認

これで設定は完了!

でも、そもそも「英語」とか「スペイン語」とかって日本語で表示されちゃってるけど
海外の方が読めるの?意味なくない?

とか、クライアントが不安がっていたらちゃんとユーザーの使用言語に自動で切り替わるんですよ~って説明して確認画面まで見せてあげると完璧。

訪問者のブラウザのデフォルト言語で切り分けしてるっぽいので、ブラウザのデフォルトの言語設定を変更して表示を確認。
今回はFireFoxで。

ツール⇒オプション⇒コンテンツ⇒言語設定を開き、英語とか確認したい言語を上にもってくる。

2014-07-30_170030

「OK」で閉じて、ページを更新するとこんな感じでちゃんと英語に↓

2014-07-30_170257

「言語を選択」がちゃんと「Select Language」になって、選ぶ言語も英語表示になってます。
これで安心です。

 

自動翻訳のため、精度はやっぱりまだ微妙。
でもとりあえず多言語化したいって時には超簡単で便利なツールです。

 

ドメインからサーバーを調べる

最近ドメインからサーバーを調べることがとても多く、このサイトにお世話になったのでご紹介。

aguse (http://www.aguse.jp/

ドメインからサーバー逆引き

ドメインを入力するだけ。

結果ページの下のほうに行くと、クライアントが使っているサーバーがわかる。

 

▼例えばエックスサーバーの場合

0512-2

こんな感じで出てる。
左のドメイン情報も確認できる。

▼サクラサーバーの場合

 0512-3

こんな感じ。

もし、聞いたことのない会社名とかが出てきてもググれば大丈夫。

クライアントがどこのサーバー使ってるかわからないよ~って時や、
自分であのサイトどこのサーバーに置いたっけ??ってなときに活躍する便利サービスです。

フード写真を数秒で超簡単に補正できるWEBサービス

商品(食品)を紹介するブログの更新がんばっているんだけど、いつもアップする画像が暗くて逆効果かも・・・

そんなクライアント様の力になりたいと、せっせとググって5秒で見つけた便利サービスをご紹介。

その名も「超!おいしく変換」

使い方は説明するまでもないので省きます。
こちらにアクセスして実際に使ってみてください。

超!おいしく変換⇒http://foodpic.net/

写真補正サービス「超!美味しく変換」 

 

食品系ウェブサイトは写真が命!

ウェブサイト制作時はキレイでおいしそうな写真を並べても、その後のクライアントによる更新で暗~い写真がどんどんアップされてしまっては残念すぎます。

クライアント様に「このサイト使っておいしい写真にしてからアップしてね」というだけで回避できます。
パソコン苦手でもできます。ブログ更新より簡単なんだもの。

自分の撮った写真がきれいになるので、クライアント様もウキウキで使ってくれることでしょう。
そして更新頻度もよりあがるでしょう。そしてより良いウェブサイトになっていくでしょう。